検索
  • Aika

端午の節句

古代中国では、雨季を迎える5月は病気や災厄が増えることから、

邪気を祓うために菖蒲を使用した行事があります。


端午の節句に菖蒲を使用する風習が日本に伝わり、

平安時代には、宮中行事として端午の節会が行われます。


端午の節会では、香りの強い菖蒲を身に付けたり、

菖蒲を丸く固めたものを飾ったりしました。


鎌倉時代から江戸時代になる頃には、

端午の節句は男の子の行事として認知されます。


当時は武家社会だったため、「勝負」「尚武」などの

言葉にかけられた菖蒲に、男の子が逞しく成長することを願いました。


コロナ疫病の払いを祈願して

琵琶湖の円満院門跡の泉菅長が大きな楠に菖蒲を飾られました。


叔母の着物を西田婦人会会長に着付けて頂き

新緑の美しい玉座で静かな時間を過ごさせて頂きました。

四季折々を自粛の中で祈らせて頂けるお心遣いに

感謝申し上げます。









5回の閲覧

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com