• Aika

和紙の里

悠久の歴史を誇る和紙


その昔、杉原紙は日本の代表的な紙としてこの国の文化を大きく支えてきました。

兵庫県多可町の北部・杉原谷で生まれたこの和紙は、1300年の歴史ある播磨紙の系統を引くと考えられ、今も古の技を受け継いでいます。

多可町の奥深い谷から湧き出る冷たく澄んだ水と、雪の舞う厳しい気候風土から生まれる和紙は、やさしい白さと温かみのある柔らかさが特徴です。


あいか庵 DIY チームで行燈を作ってみました。


今日はホームベーカリーでつきたてお餅で

きな粉餅や大根おろし餅を食べました。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

音の森

新月の夢

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com