検索
  • Aika

蓮と教授

蓮と音を紡ぐ

金山名誉教授は

生死に静かに 微笑み寄り添ってくださる方です。

雨上がり静かなお散歩。

死を想い、生を紡ぐ

たった半世紀前、人は家で生まれ、老い、病み、死んでいったものですが、 今では病院で生まれ、施設で老い、病院で死ぬことが相場となっております。 家族の一人が病むと、周りもその病勢の浮沈に一喜一憂し、 その死を共体験したものです。

  しかし、生老病死が日常から放逐された現代では、 看病、見舞い、一連の葬送儀礼などにまつわる文化や風習も失われ、 要するに、私たちはどう老い、病み、 死んだらいいか分からなくなっております。

  主として、文学、宗教、神話、民俗などの観点から、 日本の生と死の変遷とあるべき姿を求め続けて40年。 誰も免れないこの死への道行きを、どう心豊かに生き切るかを、 皆様とともに、同じ目線で語り合って生きていきたいとおもいます。

             

  明治大学名誉教授  金山秋男


2回の閲覧

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com