検索
  • Aika

木の子

雨上がりの朝

裏山に散歩しました

沢山の下草の中から

赤、白、茶色の大小様々なきのこ🍄が

ニョキニョキ生えていました


キノコは、山の木々の根元付近や

朽ちた木から生じるから

文字通り「木の子」を意味する菌類だそうです


日本に存在するキノコの種類は4千~5千で

うちシイタケやマツタケなど

食べることができるのは約100種類

毒キノコは約40種類はあるそうです


裏山で可哀想な木がいっぱいあります

ナラ枯れは「カシノナガキクイムシ」という

体長5㍉ほどの昆虫が樹木に穴を開けて潜入し

「ナラ菌」を持ち込むことで発生

感染すると幹の中の水を運ぶ導管が詰まり

樹木が枯死、幹がもろくなって折れやすくなるという


昨年も台風で大きな木も折れていますが

そこは木の子の住処になっているのですね


自然の摂理を毎日肌で感じる

いろんな感情が整理される時です


こころねの道 *光透羽の和 公式ホームページ

https://www.kokoronenowa.com/

3回の閲覧

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com