検索
  • Aika

桜会

山部宿禰赤人・万葉集 あしひきの山桜花 日並べて かく咲きたらば いと恋ひめやも もしも山の桜が何日も咲いていたら、こんなに恋しいとは思わないでしょうに。 すぐに散ってしまうからこそ、こんなに恋しいのだ。 この時世だからこそ、家族や近しい方々を大切にもてなし 苦しみを優しく包む和の装いに、いつの世も日本の心は 払い清め守る 文化が静かに息づく。 西田師匠のお姿に学ばせて頂いています。 円満院門跡より






8回の閲覧

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com