©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com

​アイカサウンドセラピーとは

 『自然に発声された自分自身の「声」は、霊心体のバランスを調整する最高のアンテナ』

◆傷ついた心身を整え、健やかで豊かなライフワークに導く日本人に適した独自のプログラムです。

音楽を聴く療法というイメージを抱かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、

音相・声相を磨くアイカ・サウンドセラピーは、自分自身が発声する「声」とバランスのよい「姿勢」

によって、脳内物質【セラトニン・エンドロフィン】などの分泌を促し、健康的な美しい身体作りを指導します。

自分の細胞に一番心地よく響く声「マイボイス」は、細胞の傷を癒すことができるようといわれています。そして、自分を癒す声は、他者をも癒す力になります。

人や物の力に頼らなくても自らを磨き、独創性やバイタリティーを引き出し、

物事を前向きに解決し、「逆境力」のある生きる力を育くむお手伝いを致します。

コミュニケーション能力を高め、心地よく伝わる声を見つけてみませんか。

◆自分自身を愛することで人生は光に満ちる

癒しを目的とするマントラ(詠唱)や音楽には、不安やストレスを軽くするという素晴らしい効果があります。

「音楽は、人間の精神の乱れを癒す」と古代ギリシャの数学者ピタゴラスが唱えたほど、

長い歴史に培われた深遠な世界です。

相学の大家、達磨大師は、相学で完全を表すのは「声相」であると言っています。

「霊性」が磨かれるほど「声相」が良くなり「言霊」の力は大きくなります。「声」とは「波動」であり、

「波動」は「大きな力」を有しており、「声相」の良い発声で「祝詞「真言」を発すれば、

その効果は大きくなります。

心が落ち着き、深い呼吸をしていると、自分だけではなく他人をも癒す声を発声できます。

ところがストレスで声が喉や肺でつかえていると、空気を震わせて、細胞が共振するような響きを起こすことはできません。

よく声が響くように呼吸を調整することは、自分の身体を美しい調べを奏でる名楽器につくりあげるよう調律しているとも言えるのです。